ADVANTAGE
強み

世界トップクラスのホワイトハッカーと提携し、最新技術を即導入。 世界トップクラスのホワイトハッカーと提携し、

最新の技術を常時保有。

ハッカーとは、あくまでもコンピュータ技術について深い知識を持っている人を指す言葉。「ブラックハッカー」は技術を悪用するハッカーであり、「ホワイトハッカー」は技術を善意で使うハッカーです。
DDHでは在籍するホワイトハッカーの中でも、特に優秀な人材で専門チームを結成。提携している世界トップクラスのホワイトハッカーより情報提供、技術指導を受け、その知識と技術を随時現場へと活かしています。

世界トップクラスのホワイトハッカーと提携し、最新技術を即導入。 攻撃者視点を活かした、

精度の高いハッキング対策。

近年、IoT化が急速に進み、2020年には家電や自動車、医療機器や産業機器まで、200億種を超える様々な「モノ」がインターネットとつながると言われています。 セキュリティ検査に必要な技術や難易度は各IoT機器で異なりますが、多種多様な機器への対応が可能。自動車をはじめとしたIoT機器の実機検証を繰り返し、技術開発を行うことで、日々変化するハッキングやウィルスの攻撃手法に対応しています。
また、ハッキング対策には、ハッカーと同等以上の能力と知識、経験を持つ攻撃者視点が重要です。実際にIoT機器に侵入を試み、システムに脆弱性がないか検証を行っています。

世界トップクラスのホワイトハッカーと提携し、最新技術を即導入。 不正通信を検知・遮断するセキュリティ対策製品

「DDH BOX」で、24時間・365日監視。

‪情報流出に繋がる社外への不正通信を検知・遮断する出口対策製品‬「DDH BOX」を株式会社ラックと共同開発。‬24時間・365日リアルタイムに検知・遮断を自動で行い、アラート発報後は即時にお客様へ脅威情報を報告します。その後はサイバー保険を適用し無償対応(※年間300万円まで)。弊社実績のある「フォレンジック(情報流出調査)」や攻撃により消去・改ざん・破壊されたデータの「リカバリー」も可能です。さらに、コンサルティングも含めたセキュリティ対策を実施します。

DDH BOX について